探偵コラム16

探偵コラム16

端から離婚を予測して浮気の調査を依頼する方と、離婚の心づもりは無かったはずなのに調査の過程でご主人の素行について我慢が限界になり離婚を決意する方がおられます。一般に言われる浮気調査とは、婚姻関係にある夫婦のいずれか一方や婚約または交際している相手に他の異性との不貞行為の疑念が生じた時に、実際はどうであるのかを確かめる目的で様々な手段を持ってなされる追跡や情報集めなどの行動のことを指します。浮気がばれた際に男性が謝るどころが逆に怒り出し暴れたり、状況次第では家出して不倫の相手と一緒に住むようになる場合も多々起こります。何故男性が浮気をするかについては、妻に悪いところがなくても、本能の部分でたくさんの女性と関わりたい願望を持っており、自分の家庭を持ったとしても自分を制御できない人もいるのは確かです。不倫行為は民法第770条に掲げられる離婚に関する事由になり、家庭が壊れた場合結婚相手に裁判を起こされる恐れがあり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任を負わなければなりません。