探偵 夫の浮気調査コラム19

探偵 夫の浮気調査コラム19

探偵業務に必須である尾行張り込みや行動調査を行うことが軽犯罪法の中の「付きまとい罪」に当たると認定される危険性も想定されるため、滞りなく調査行動を遂行するには慎重な行動と探偵としての実力が要求されるのです。自身のパートナーと浮気をした相手に慰謝料などの支払いを要求する意思があるなら、その人の住まいや確実に連絡の取れる電話番号などが把握できていないと話し合いの場が持てない事と、浮気相手の年収なども支払うべき金額と大きく関係しているので探偵による正確な情報収集が不可欠でしょう。極端な嫉み心を持っている男性というのは、「自分が陰で浮気するのをやめられないから、相手もそうに違いない」との焦燥感の発現なのでしょう。専門業者に浮気調査をしてもらう理由は、浮気相手との関係を清算させて壊れかけた仲を元通りにするためやその相手に向けて謝罪要求や慰謝料の請求をする目的や、離婚の相談を依頼者側に有利なように遂行する狙いのある案件が殆どです。業者ごとに差がありますが、浮気調査に関するコストの算出の仕方は、1日の稼働時間3〜5時間、調査員の投入を2名ないし3名、特殊な案件の場合についても増員は4名までとする総額パック料金制を用意しているところも多いです。