探偵コラム3

探偵コラム3

事前に支払う調査着手金を極端な低料金として表記しているところも胡散臭い探偵社だと思っていいでしょう。調査が済んでから不自然なほど高額の追加費用を払うように迫られるのがいつものやり方です。不倫相手の正体が明らかになっている場合は、夫に損害賠償等の支払い等を求めるのはいうまでもないですが、不倫した相手にも慰謝料などを要求できます。浮気問題というのはいつの時代にもあるものですが、携帯電話やmixi、フェイスブックのようなSNSの普及に伴って膨大な連絡方法や出会いの場所ができて浮気あるいは不倫へのハードルが低くなりました。夫の裏切りを見抜く決め手は、1位が“携帯の確認”で、2位は不審な“印象”という結果となったそうです。誤魔化し通すことは恐らく100%無理だということを悟ってください。男女が人目を忍んで会う際に性的な関係がないならば不貞行為と言えるものにはできません。それ故に損害賠償などを請求することを意図しているなら説得力のある裏付けが要求されるのです。

探偵コラム3関連ページ

探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1